Event is FINISHED

Good Life Conference 〜地域創生ソーシャルデザインTalks〜|環境省グッドライフアワード

Description
「未来を変える買い物」を推進する楽天株式会社、国内外の災害被災地に「パンの缶詰」を届ける「救缶鳥プロジェクト」、環境省グッドライフアワード受賞取組など、未来をつくるグッドライフな取組が大集合!

日本全国で新しい地域社会のあり方が模索される中で、未来をつくるグッドライフな取組の重要性が高まっています。そこで、「地域創生ソーシャルデザインTalks」と題して、環境省グッドライフアワードのカンファレンスを開催します。

オープニングTalkでは、環境省 総合環境政策官の中井徳太郎氏が登場!特別ゲストには、持続可能な消費を提案する楽天株式会社サステナビリティ部シニアマネージャーの眞々部貴之氏、災害備蓄用の「パンの缶詰」を無償で世界の被災地に届けて注目されているパン・アキモト 代表取締役の秋元義彦氏を迎え、具体的な取組について共有いただきます。

また、プロフェッショナルTalkでは、雑誌「オルタナ」編集長でグッドライフアワード実行委員の森摂氏が、SDGsビジネスを紹介!プロデューサーTalkでは、グッドライフアワード 総合プロデューサーの谷中修吾氏が日本全国のグッドライフな取組を解説します。

さらに、第7回 環境省グッドライフアワードの環境大臣賞の受賞取組が大集合!企業、自治体、学校、NPO、個人など、環境大臣賞を受賞した団体10組がプレゼンテーションを行います。


Good Life Conference 〜地域創生ソーシャルデザインTalks〜

【主催】環境省グッドライフアワード
【運営】ビジネス・ブレークスルー
【協力】地方創生イノベータープラットフォーム INSPIRE

日程:2018年11月30日(土)12:30 開場/13:00~16:30 本編
会場:青山TEPIAホール

13:00 イントロダクション
13:05 オープニングTalk(開会挨拶)
13:20 ゲストTalk
14:00 プロフェッショナルTalk
14:20 プロデューサーTalk(グッドライフ取組解説)
14:45 環境大臣賞受賞プレゼンテーション(最優秀賞1取組・優秀賞3取組・部門賞6取組)
16:45 表彰式(環境大臣賞受賞者・実行委員会特別賞受賞者)
17:45 閉会式

<参加費> 無料 ※先着順/定員に到達次第締切
<対象> どなたでもご参加いただけます。環境/社会起業/地方創生などに関心のある方を歓迎します。




▼オープニングTalk(開会挨拶)



中井 徳太郎(環境省 総合環境政策統括官)


▼ゲストTalk



眞々部 貴之(楽天株式会社 サステナビリティ部 シニアマネージャー)
NGO、総合シンクタンク研究員を経て2015年より楽天グループのサステナビリティ戦略策定、ESG情報開示のほか、ステークホルダーと連携したソーシャルイノベーションの創出を担当。2018年からは、「未来を変える買い物を。」をテーマとしたウェブメディア+マーケットプレイス「Earth Mall with Rakuten」を楽天市場内にオープン。消費者、楽天市場出店店舗、他企業、大学等と連携し、消費者がMSC、ASC、FSC、RSPOなどの認証商品や、持続可能な社会づくりに繋がる商品をインターネットショッピングで買える環境づくりに取り組んでいる。技術士(環境部門、森林部門)。




秋元 義彦(株式会社パン・アキモト 代表取締役)
1953年生まれ、栃木県那須塩原市出身。法政大学経営学部卒業。1996年8月(株)パン・アキモト代表取締役就任。1995年、阪神淡路大震災の被災者の声をきっかけに「パンの缶詰」を開発。2009年、「救缶鳥プロジェクト」始動。賞味期限3年の「パンの缶詰」を、半年から1年間の賞味期限を残して回収し、国内外の災害被災地、飢餓や食糧難問題を抱える国と地域に届ける活動を展開。
2017年、第5回グッドライフアワード環境大臣賞最優秀賞受賞。2019年、公益財団法人社会貢献支援団体「社会貢献者表彰」受賞。


▼プロフェッショナルTalk



森 摂(オルタナ編集長)
東京外国語大学スペイン語学科を卒業後、日本経済新聞社入社。編集局流通経済部などを経て 1998年-2001年ロサンゼルス支局長。2006年9月、株式会社オルタナを設立、現在に至る。主な著書に『未来に選ばれる会社-CSRから始まるソーシャル・ブランディング』(学芸出版社、2015年)、『ブランドのDNA』(日経ビジネス、片平秀貴・元東京大学教授と共著、2005年)など。武蔵野大学大学院環境学研究科客員教授。CSR検定委員会委員。一般社団法人CSR経営者フォーラム代表理事。特定非営利活動法人在外ジャーナリスト協会理事長



▼プロデューサーTalk(グッドライフ取組解説)



谷中 修吾(グッドライフアワード 総合プロデューサー/BBT大学 経営学部グローバル経営学科 学科長・教授/BBT大学大学院MBA 教授
ビジネスプロデューサー。静岡県出身。東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻卒。外資・戦略コンサルティングファームを経て、現職。スターバックス、キヤノン、松下政経塾の連携による復興支援プロジェクト「道のカフェ」創設者/総合プロデューサーなど、多数の地方創生事業を手がける。内閣府「地方創生カレッジ」講師、総務省 地域力創造アドバイザー。地方創生イノベータープラットフォーム INSPIRE 代表理事として、イノベーターの集合知の発信に取り組んでいる。


▼Award Presentation

第7回グッドライフアワード 環境大臣賞を受賞した企業・団体が大集合!
10団体のプレゼンテーションをお届けします。


▼MC



綿谷 エリナ(TOKYO FM パーソナリティー)
ドイツで生まれ育ち。国立ベルリン自由大学卒業。在学中に、韓国の延世大学に交換留学。語学堪能、翻訳・通訳もこなす国際的パーソナリティ。国際児童教育に関心が深い。TOKYO FM『中西哲生のクロノス』(Mon.-Thu.6:00-8:55)、TOKYO FM『速水健朗のクロノスフライデー』(Fri.6:00-8:55)、TOKYO FM『松任谷正隆のおでかけラジオ』(Fri 19:30-19:55)、TOKYO FM『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』などで、ラジオパーソナリティーを務める。


▼参加費

無料
※先着順で定員に到達次第で締め切りとなります
※少人数制の密度濃いセミナーとして設計しているため、ご希望の方はお早めにお申し込みください


環境省グッドライフアワードとは?


「グッドライフアワード」は、環境に優しい社会の実現を目指し、日本各地で実践されている「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取り組みを募集して紹介、表彰し、活動や社会を活性化するための情報交換などを支援していくプロジェクトです。

「グッドライフアワード」では、生活者や各種団体、企業などが行っている「環境と社会によい暮らし」を実現するための取り組みを募集します。みなさんの取り組みについての情報を発信することで、日本で暮らすひとり一人がライフスタイルを見直すきっかけになることを目指しています。

持続可能な社会の実現に向けて、成功している取り組みが「なぜうまくいっているのか」といったポイントや、多くのみなさんが抱く社会の問題に対する思いを、広く共有していきましょう。

詳しくは> http://goodlifeaward.jp


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#490047 2019-11-01 06:47:14
More updates
Sat Nov 30, 2019
1:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
青山TEPIAホール
Tickets
参加チケット(無料) FULL
Venue Address
東京都港区北青山2丁目8−44 Japan
Organizer
グッドライフアワード
351 Followers